ファクタリングとは?サービス内容と最適な会社の選び方

会社経営が順風満帆なら、経営者は誰も苦労しません。しかし、長くビジネスを続けていると資金の調整が上手くいかず、ピンチに陥ってしまうこともあります。

「借金があるから銀行にも頼れないし、これ以上借金が増えるのも困る!」
ファクタリングは、このように悩んでいる経営者に救いの手を差し伸べてくれるサービスです。

ここでは、ローリスクで資金調達ができるファクタリングのサービス内容と、最適な会社の選び方について説明します。

1.ファクタリングとは?

一般的に、企業間取引はその場で現金を支払われることはなく、支払期日を設けて後日代金を回収する仕組みとなっています。
ファクタリングは、未回収状態の「売掛金」を「債権」として売却することで、手数料を支払う代わりに売掛金を即現金化できるという資金調達手段です。

他の資金調達方法に比べてファクタリングは手続きが簡単で、早ければ依頼したその日に売掛金を現金化することができます。そのため、事業資金調達に困った際の対策法として多くの方に利用されている手段です。

1-1.債務者でもファクタリングは利用できるのか?

金融サービスを利用する際に最も気になる点が、「債務の問題」です。債務があることで事業資金の調達にさまざまな障害が生じてきますが、ファクタリングは”借金”とは全く異なります。

ファクタリングサービスを利用する場合、売掛債権を相手会社へ売却することになるため、あなたは「債権者」としてお金を受け取る義務が発生します。
そのため、債務者であることを理由にファクタリングサービスの利用を断られることはありません。

1-2.ファクタリングの必要書類について

ファクタリングサービスを利用する際に必要な書類は、銀行融資の際に提出する書類といくつか重複しています。決算書や発注書、納税証明書などの書類はファクタリング会社でも提出が必要です。

しかし、最も重要なのが売掛債権を証明する書類です。具体的には、取引基本契約書や発注書、あるいは通帳の該当箇所をコピーしたものでも構いません。
サービスの性質上、売掛債権を証明する書類が無ければファクタリング会社も取引に応じられないため、担当者に相談する前に必ず準備しておきましょう。

1-3.2種類のファクタリングサービス

ファクタリングには大きく分けて「3社間取引」と「2社間取引」の2種類があります。

3社間取引
メリット・手数料が安い
・審査が通りやすい
・個人事業主でも利用可能
デメリット・即日現金化が不可能となるケースが多い
・支払企業から承諾を得る必要がある
・今後の取引に影響を与える可能性がある

3社間取引は売掛債権を保有する会社を交えた取引となります。売掛債権を現金化するにあたり、取引先会社から承諾を得なければなりません。
そのため、支払企業との今後の取引に影響を与える可能性があります。

しかし、最終的にファクタリング会社の口座へ売掛金が直接入金されるため、ファクタリング会社の貸し倒れリスクが少ないことからサービス手数料が安いというメリットがあります。

2社間取引
メリット・支払企業への通知が不要
・今後の取引に影響を与えない
・即日現金化が可能となるケースが多い
デメリット・手数料が高い
・3社間取引に比べて審査が厳しい

2社間取引は、売掛債権を保有する会社とファクタリング会社だけで行う取引です。売掛請求先の会社を交えず手続きを進めることができます。
そのため、支払企業との今後の取引に影響を与えることがありません。

ただし、2社間取引はファクタリング会社の貸し倒れリスクが大きいため、3社間取引よりも手数料が高くなります。

2社間取引と3社間取引にはどちらにもメリット・デメリットがあるため、現状を踏まえて最適な取引方法を選びましょう。

1-4.ファクタリングの支払い方法

ファクタリングでは、「一括割引方式」「個別割引方式」と呼ばれる2つの支払い方法から選択できます。

一括割引方式ファクタリング会社が指定した日に売掛債権の譲渡代金を全額支払う方法
個別割引方式確定売掛債権額の範囲内で「譲渡金額」と「譲渡日」を決めて支払う方法

一括割引方式は、買取金額から手数料を引いた分を一括で入金する方法です。ファクタリングサービスでの一般的な支払い方法となります。

個別割引方式は、ファクタリングを利用する会社側が支払額を設定し、分割で支払う方法です。よりニーズに合わせた資金調達が可能となります。

上記方式の最も大きな違いは支払い回数ですが、その他にも2つの違いがあります。

【①手数料の違い】
個別割引方式は譲渡金額や譲渡日などを自由に設定できる分、ファクタリングサービスの手数料も高くなります。
支払方式の選択により、さらに売掛債権の買取額が少なくなってしまう可能性があるため注意が必要です。

【②方式の採用の違い】
基本的に手数料が高めで設定されている2社間取引の場合、個別割引方式を選択することでさらに多くの手数料がかかってしまいます。
そのため、2社間取引がメインのファクタリング会社では個別割引方式を選択肢として用意していないケースも少なくありません。
3社間取引がメインのファクタリング会社であれば、一括割引と個別割引の2つを選択肢として用意している会社が多くなっています。

ただ、ファクタリングの支払い方法では一括割引方式が多く選ばれているため、基本的には一括割引方式で考えておくと良いでしょう。

2.手形割引やビジネスローンとの違いとその仕組みとは?

ファクタリング手形割引ビジネスローン
審査基準◎基準が低い△基準が高い×基準が高い
今後の融資への影響影響なし影響あり影響あり
利息・手数料低い低い高い
保証人不要必要な場合あり必要な場合あり
資金調達スピード最短即日5~7日程度最短即日~1ヶ月程度

事業者にとって手形割引とビジネスローンはなじみ深い資金調達方法ですが、ファクタリングと金融サービスとの違いはどこにあるのでしょうか。以下で解説していきます。

2-1.手形割引との違いを詳しく解説

手形取引において、指定された決済期日よりも前にお金を工面しなければならない時に利用されるのが手形割引です。銀行や手形割引業者に手形を売却することで、資金を提供してもらう方法となります。

手形割引は基本的に「銀行からの融資」として扱われます。
そのため、利子や割引料が引かれるのはもちろんのこと、不渡りが出た場合は手形に記載された金額を利用者が全額支払わなければなりません。

ファクタリングの場合は売掛債権が買い切りとなるため、手形の焦げ付きリスクに怯えることなく資金調達が可能です。

2-2.ビジネスローンとの違いを詳しく解説

ビジネスローンは、銀行以外にも消費者金融会社や信販会社が取り扱っています。
通常の銀行融資と大差がないように見えますが、保証人や担保が不要で審査期間も短いことが特徴です。
ただ、無担保という言葉は魅力的に聞こえますが、その分銀行融資の相場より5,6倍もの金利が掛かります。

ファクタリングの場合、最初に手数料を支払ってしまえば追加で何かを請求されることはありません。利用手数料を引いた金額をそのまま事業資金として使用できることが魅力です。

3.資金調達としてファクタリングをおすすめする理由

手形割引やビジネスローンは、サービスを利用する銀行や業者により手数料や資金調達スピードが大きく異なります。審査状況によっては資金調達まで数日かかってしまう可能性もあるため、資金繰りの悪化を一刻も早く解消したいと考える経営者にとって最善の選択とは言えません。

数ある資金調達手段の中でも、審査基準の低さや資金調達のスピードにおいてはファクタリングに軍配が上がります。
そのため、スピード重視で資金繰りの悩みを解決したいならファクタリングがおすすめです。

ファクタリングをおすすめする理由はそれだけではありません。ここからは、ファクタリングがなぜ多くの方に選ばれているのかを2つのポイントにまとめてご紹介します。

3-1.シンプルな決済プロセス

即日対応可能な2社間ファクタリングの場合、申し込み後に必要書類を提出し、審査完了後に契約を交わして振込完了という流れとなります。
面倒な手続きが必要なく、必要書類の提出と契約の締結を済ませた後はファクタリング会社から買取額が振り込まれるのを待つだけです。

銀行融資の場合、契約から資金の振り込みまで審査や責任者の決裁といった手続きが必要になりますが、ファクタリングはこれらの面倒なプロセスを簡略化しています。

3-2.企業価値を下げない

ファクタリングは売買契約であるため、債務を抱える権利者にとって大きなメリットがあります。
債務がある状態では企業価値が低くならざるを得ません。仮に、お金を貸してくれる金融機関が現れたとしても、追加された借金を返済できなければ悪循環となってしまいます。

しかし、ファクタリングは債務扱いにならないことから、企業価値が下がることもありません。
企業にとって、信用はかけがえのない財産です。ファクタリングは企業のイメージを傷つけず、安全に事業用資金を調達することができるのです。

4.安心できるファクタリング会社の選び方

全国には多くのファクタリング会社が存在していますが、同じ取引方法であっても依頼する会社によって売掛債権の買取金額は大きく変わります。

ファクタリング会社の選び方を誤り、「無駄な手数料を支払ってしまった」「資金繰りがさらに悪化してしまった」という事態になってしまう可能性も否定できません。

そのため、安心して依頼できる「優良なファクタリング会社」を選ぶことが大切です。
以下でご紹介する3つの特徴を踏まえて検討しましょう。

・ホームページに手数料や費用に関する明確な記載があるか
・サービス利用手数料が適正であるか
・スタッフの対応が丁寧で好感が持てるか

上記の中でも特に、スタッフの対応は非常に重要です。
ファクタリングについて熟知し、複数の会社(業者)を比較したうえで、最適な会社(業者)を選ぶ方はそう多くありません。
だからこそ、基本的なファクタリングについての知識を持ち、信頼できるスタッフのいる会社(業者)を選ぶことが大切です。

まとめ

ファクタリングは、煩雑な手順を踏まずに売掛債権を早期資金化できる便利なサービスです。保証人も不動産担保も必要なく、わずか数日でお金が振り込まれます。
そのため、突発的な資金ショートに見舞われてもキャッシュフローを改善し、経営難を回避することが可能です。

資金繰りに悩まれている経営者の方はこの記事を参考に、信頼できるファクタリング会社へ相談してみてください。

お申込みフォーム

希望金額
万円
ご希望日
御社名 [必須]
業種 [必須]
月商
万円
お名前(漢字) [必須]
お名前(カナ) [必須]
メールアドレス [必須]


(再度入力)
生年月日

例:s30/01/01
性別
男性 女性
住所 [必須]
郵便番号
会社電話番号 [必須]
希望連絡先電話番号 [必須]
お問合せ内容



ファクタリング(売掛金の現金化)のお問合せ
ご相談などでも結構です。
お気軽にお問合せ下さい。